BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

リフォーム業者が所有している資格について

2020/10/08
この記事では、リフォーム業者が所有している資格についての情報をお伝えしていきます。
リフォームを考えている人は、依頼する業者がどのような資格を持っているのか気になるかと思います。
また、その資格がどのような内容のものなのか把握できれば、業者を選ぶ基準にもなります。

▼リフォーム業者が所有していることの多い資格とは
リフォーム業者が所有している資格には様々なものがあります。
その中でも比較的所有していることの多い資格について紹介していきます。
■建築士
建築士は有名な資格の1つになります。
国家資格であり、独占業務資格です。
建築物の設計や工事現場の管理といったことができる資格で、安心安全を追及できる知識を持っていると言えるでしょう。
■宅地建物取引士
リフォーム業者の中でもこの宅地建物取引士の資格は需要が高くなっています。
重要事項説明書の内容説明するのに必要な資格です。
■インテリアコーディネーター
こちらの資格も聞いたことがある人は多いでしょう。
家具や照明器具など、住みやすい、居心地の良い空間の提案なども豊富な知識から適格にできます。
特に女性には好印象の資格になります。

▼お客様へのアピールでもある
リフォーム業者が多くの資格を所有していれば、それだけお客様に対してアピールすることができます。
もちろん、多ければ良い業者であるとは判断できませんが、ある程度の判断材料にはなります。
インテリアや内装にこだわってリフォームしたいと考えている場合には、インテリアコーディネーター資格を持っている業者を選びたくなります。
自分がどのようなリフォームを考えているのかで業者の資格を見るのも大切になります。

▼まとめ
今回取り上げた3つの資格はリフォーム業者を選ぶ際におすすめの資格にもなっています。
弊社では、複数の資格を所有しておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。