BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

リフォームのタイミングについて

2020/09/01
リフォームをしようと思っても、具体的にどのタイミングがいいのかなかなか判断できませんよね。
例えば、老朽化が気になるところを長らく放置してしまうと、だんだん修復が難しくなるためその分費用が高くなってしまう可能性があります。
今回はリフォームのタイミングについて紹介します。

▼リフォームのタイミングは適切に
浴室やキッチンは、リフォームしている間は使用ができなくなってしまいます。
自分たちが忙しい時期だと、浴室やキッチンが使えないのはとても不便ですよね。
浴室やキッチンが使えないと、どこかで代用することになります。
代用しても自分たちが負担にならないタイミングを選びましょう。

▼部分的なリフォーム時期
それぞれの部分によってリフォームに最適な時期があります。
各所ご紹介します。
■床・壁
床や壁などのリフォームは、具体的な時期は決まっていませんが、傷みや汚れが気になったら適宜リフォームしましょう。
部屋の使用頻度で変わってきますが、フローリングは10年前後で劣化します。
壁紙も10年前後で劣化するので、これくらいの時期が最適です。
■水・ガスまわり
水・ガスまわりは10年過ぎると、不具合が出てくることもあります。
これらは、目で見ても劣化や不具合がとても分かりづらいです。
不具合が出てからだと遅いので、5年くらいを目安に定期点検しておくのがいいでしょう。
また、水・ガスまわりの不具合はこちらが挙げられます。
蛇口やシンクから水漏れがある、掃除しても排水口のニオイが取れない、ガスコンロに不具合があるなどです。
これらの不具合が起きたら、早急に対処しましょう。

▼まとめ
他にもキッチン、窓まわり、屋根などのリフォームが挙げられます。
リフォームは不具合が起きて不便になってからだと、費用がかかる恐れがあります。
そのため、ちょっとでも気になることがあれば、まずはリフォーム業者に相談するのがいいでしょう。
弊社でもリフォームの相談について承っておりますので、気になることがあれば一度ご相談ください。