BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

リフォームの見積もりについて

2020/08/28
リフォームは、ハッキリとした商品ではないため定価が決まっていません。
リフォーム業者によって値段が異なるため、複数から見積もりを取って比べるのがオススメです。
複数から取ることによって、だいたいの値段が分かったり、高すぎるリフォームを避けることができます。

▼見積もり時のポイント
見積もり時のポイントを知っておけば、スムーズに依頼することができます。
見積もりをする場合は、これからご紹介する内容を参考にして下さいね。
■条件は統一する
複数に見積もりを依頼する場合は、条件を統一しましょう。
リフォーム内容、予算、各条件は、全て同じにして依頼をして下さい。
業者によって依頼内容が異なってしまうと、見積もりができても適正に判断ができません。
■間取り図はできるだけ用意する
見積もり時には間取り図を用意して、依頼時に一緒に渡しましょう。
見取り図を渡すことによって、詳細に見積もりを出してもらえます。
複数に依頼するため、間取り図は何枚かコピーを用意しておきましょう。
■複数で見積もりを取っていることを伝える
複数で見積もりを取っていることを伝えれば、比較しているということが業者に伝えられます。
何社か比較していることば分かれば、業者は適正な金額を提案してくるでしょう。
ただ、具体的な会社名までは出す必要ありません。
比較していることを伝えられれば十分です。
■見積もりは数社に絞る
リフォーム会社を探すと沢山出てきます。
気になるところがいくつかあっても見積もりを出すのは、2~4社程度にしておきましょう。
あまりに多くの会社に依頼してしまうと、時間がかかってしまいますし、見比べるのが困難になってしまいます。
慎重になる気持ちは分かりますが、スムーズに進めるためにも業者は数社に絞りましょう。

▼まとめ
見積もりは一社だけではなく、複数社に依頼することが大切です。
自分たちに合った予算、希望のリフォームにするため、条件はハッキリと提示しましょう。
当社でも見積もりを承っておりますので、是非ご相談下さいね。